医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛に挑む際の心構え

医療レーザー脱毛って?

脱毛を検討するときに、サロンと医療レーザーの2つをよく耳にすると思います。
医療レーザー脱毛って何?
サロンと何が違うの?

…ということで少し調べてみました(^^)

実はサロンでの脱毛も、医療レーザー脱毛も基本的には同じ原理で脱毛しているんです。
2つとも、メラニンだけに反応する光を当てて発毛組織を破壊していく行為を行っています。

では何が違うのさ?

はっきり言うと、医療レーザー脱毛は「医療」と名前がついているだけあって、
脱毛自体が医療行為に当たります。
そのためお医者さんがいる病院なのです。
一方脱毛サロンは、本当にトラブルが起こった時のために提携しているお医者さんなどはいますが、
常に在籍をしているわけではなく、「エステ」のくくりですよね。

そして違いは他のところにも表れています。

まずはその効果です。
医療レーザー脱毛ではサロンでの脱毛よりも出力が高い脱毛器の使用ができます。
ですからサロンほど脱毛に通うことなく医療機関によっては、
「○回でほぼ生えません」と断言をするところもあるんです!

その一方で医療レーザー脱毛はサロン脱毛の2倍~3倍もします。
サロンのように気軽に通うとなると難しいです。
医療レーザー脱毛に通う人の特徴として、お金に余裕のある30代が多いです。

医療レーザー脱毛のメリット、デメリット

医療レーザー脱毛の一番のメリットはその効果です。
脱毛サロンでは高出力すぎてダメでも医療レーザー脱毛では可能だからです。
そのためサロンに通う半分程度の回数で脱毛を終了することもできるんです。
終了が早いだけでなく、サロンでは処理がしづらい産毛や細い毛も、
医療レーザー脱毛なら効果があります。
ですから「かなり無毛に近い状態で仕上がる」のが医療レーザーのメリットと言えます(^^)

一方でデメリットはやはりその高い出力による代償とも言えます、
値段と肌への刺激です。

値段は脱毛サロンの約2~3倍!(サロンの6回分料金がおよそ25,000円とすると2倍でも5万、3倍では75,000円です!)
なかなか気軽に支払える額ではありません。
さらに全身脱毛や、多部位を脱毛したい場合はその分お金がかかります。

そして出力が高いため、脱毛サロンよりも痛みが伴ったり、施術後に赤みや腫れが出ることがあります。
もちろん医療機関での施術になりますので、あまりにも症状がひどい場合はすぐに対応をしてもらえます。

少しデメリットの側面のほうが大きいため脱毛サロンに比べると行ってみようかな♪とはなりづらいですね。

早く終わらせたいなら、医療レーザー脱毛がベスト!

ただ、早く確実に終わらせたいなら医療レーザー脱毛にすべきです。
そもそも、脱毛は医療行為。
特に、VIOをパイパンにしたいなら、痛みを考慮しつつ、医療レーザーでハイジニーナ脱毛しましょう。